NATSUMI OKUMURA

奥村奈津美

SHARE

ナレーターもリモートワークの時代!?

By Published On: 2020年4月19日Categories: Column, 防災0.2 min read

台風19号から半年。

大きな被害を受けた長野県のある遺族の半年を追った番組のナレーションを担当させて頂きました。

「知るしん 信州を知るテレビ」
https://www4.nhk.or.jp/P2844/x/2020-04-17/21/54796/8203347/

今回の番組では、台風による水害で、夫を亡くした妻が
夫へ携帯のメッセージを送り続けるという内容。

最愛の人の死と向き合い続け、出口の見えない悲しみと戦う日々。
そして、ふとしたことで生まれる気持ちの変化。
さらに、前を向いていく姿。。。

以下は、視聴者の方からツイッターを通して寄せられた感想です。

「復活と希望」

生きていく上で、大切なことが詰まった番組だと、私も感じました。

制作は、NHK長野局

これまでも台風から1週間、1ヶ月、3ヶ月と、節目のタイミングでの番組のナレーションを担当させて頂き、その都度、長野へお伺いして収録していました。

台風から1週間、大量の土砂に覆われた長野市内

今回は、コロナウイルスによる緊急事態宣言が出る中、長野へ行くことは難しい状況。

そんな中、長野局の方から
「何かしらの方法で録音して送るのもあり」
との言葉を頂きました。

そういえば!
SNSで、ナレーションの学校の山上先生が、
「地上波の番組をリモート収録している」という記事を書いていたなあ…

早速連絡すると、「奥村が困っているのなら」と快く受けてくださいました。

山上さんはナレーター兼ボイスサンプル専門スタジオ(ごりっぱスタジオ)を運営されています。

投稿では、ご自身の担当番組をリモート収録しているとのことでしたが、
今回はイレギュラーに対応してくださるということでした。

初めてのリモート収録!

事前に、長野局から映像とナレーション原稿、
さらには「仮ナレ」入りの動画を共有して頂けたので、
(ディレクターさんが仮でナレーションしてくださった動画。
この番組ではいつもはしていないので、お心遣い頂きました。
ありがとうございました)
スムーズに録音できるよう、原稿の用語や読むタイミングなど入念にチェック。

そして、当日。

山上さんからのアドバイスもあり、収録の1時間前にスタジオ入り、
音のチェックなどテストしたしました。

長野局と、ネットでリアルタイムにつながり、まるでスタジオとサブにいるような感じで収録。

2020年のIT技術だからこそできる仕事でした。

コロナウイルスがもたらしている
「ライフスタイルシフト」
まさにピンチをチャンスに!です。

収録の様子は山上さんも投稿してくださっています。

https://note.com/tomo_yamagami/n/n11df17e464f4

改めて、このような状況でリモート収録を決断してくださった長野局の皆様、
イレギュラーなお願いにも関わらず、全力で対応してくださった山上さん、
ありがとうございました。

コロナの影響で
3月、イベント司会などのお仕事はすべてキャンセルになり、
4月以降も仕事の依頼が入ってこない、、、

仕事ができるというのは本当に幸せなことだと噛みしめました。

それにしても、山上さんの感染症対策の徹底ぶりにびっくり!しました

・以前は靴を履いたまま入れるスタジオだったのを、土足厳禁に変更
・エレベーター降りたところで、山上さん消毒液を持ってのお出迎え
・玄関に入る前に手指だけでなく、スマホも消毒
・そのまま、洗面台に直行(うがい薬まで常備)
・録音ブースとミキサーのある部屋は別で、全く山上さんに会わずにブースに入れる
・録音していないときは、ほぼ換気
・2メートル以上、常に離れた状態で接してくれる

などなど、枚挙にいとまがないほど、対策されていました。

普段からマメな方だなと思っていましたが、
気遣い、心遣いにあふれた空間になっていました。

他のナレーターの方も宅録されていたり、
ナレーションの学校もリモート収録始めたり、
ナレーターもリモートワークの時代がやってきました!

どんな環境でもクオリティの高いお仕事ができるように
臨機応変にしなやかに過ごしていきたいです。

カテゴリー

最近の投稿

My Twitter


My Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

Follow Me