Column

  • Column 防災

    「環境にイイことがビジネスに!」

    先日、東京国際フォーラムで開催された2019「よい仕事おこし」フェアにて、環境省プレゼンツのトークショーの司会を担当させて頂きました。 「環境にイイことがビジネスに!金融と環境のちょっとイイ話・・・!?」というタイトルで、二酸化炭素が出ないような経済やビジネス、環境経営=新たな企業価値になる時代になっているというお話をお伺いしました。 パネラーは、環境省総合環境政策統括官の中井徳太郎さん(写真右側 […]…

    2019年10月11日
  • Column

    環境省の動画ナレーションを担当しました。

    ナレーションを担当させて頂いた環境省のHP動画が完成しました! http://www.env.go.jp/earth/mirai_eyes/ お時間のある方は、ぜひご覧ください^_^ 写真は、環境省、動画制作チームの皆さんと♡この作品が、出産前、最後のナレーションのお仕事でした^_^途中休憩を取ってくださったり、子育てのアドバイスを頂いたり、温かい現場で、幸せでした♡ありがとうございました。 一人 […]…

    2019年4月15日
  • 3.11 東日本大震災 Column 防災

    妊娠中に災害が起きたら…

    東日本大震災から8年。 犠牲となられた方、その後、震災関連死で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、 遺族の皆さまにお悔やみ申し上げます。 今も避難生活を余儀なくされている皆さま、心よりお見舞い申し上げます。   あの日のこと、そして、それからの日々は、自分の人生にとって これまでとは違う、特別な時間だったように感じています。   物の考え方も感じ方も変わりました。   […]…

    2019年3月11日
  • Column Private NHKジャーナル

    世界一幸せな洗濯

    オーガニックコットンとの出会いは、2015年。 当時「NHKジャーナル」のキャスターを担当していて、毎月、女性経営者へのインタビューさせて頂いていました。 その中で、オーガニックコットンを使った、衣類やタオル、ベビー用品などを販売する会社「アバンティ」の渡邊智恵子社長(当時)にお話を伺う機会がありました。 これまで、オーガニックコットン=肌触りが…というイメージを勝手に持っていたのですが、製品を見 […]…

    2019年2月25日
  • Column 熊本地震 防災

    熊本地震から2年

    熊本地震 2016年4月14日夜9時過ぎ、熊本県を震源とするM6.5の地震が発生し、 益城町で震度7など、激しい揺れを感じました。 そして、その28時間後、さらに大きなM7.3の地震が発生。 益城町などで、再び震度7を観測しました。 以前、このページでも綴りましたが、 私も被災地に入り、被害の大きさを目の当たりにしました。 ( 当時のコラムは以下のリンクより読めます https://natsumi […]…

    2018年4月14日
  • Column 防災

    九州北部豪雨

    週末を利用して、九州北部豪雨で被災した、福岡県東峰村で ボランティア活動に参加してきました。 なるべく被災している地域を避けて向かったので、交通渋滞にあうこともなく、 ボランティアセンターも受け入れ体制が整っていたので、 ほとんど待たずに現場に入ることができました。 私たちのグループが担当させて頂いたのは、 ご高齢の女性が一人で暮らしているお宅の周りの泥出し。 (近くの砂防ダム。流木が今にも溢れそ […]…

    2017年7月24日
  • Column

    鳥取地震から半月、倉吉市の今〜ボランティア編〜

    鳥取地震から半月ほどが経過した被災地、倉吉市を訪れました。 震度6弱の揺れに襲われた街は、至る所に、ブルーシートが屋根にかかった家が目立ちました。     ただ、熊本地震で見られたような、一階が潰れてしまったり、倒壊した家屋はなく、多くの方が避難所から自宅に戻られて生活されてました。 ※発災当初は2000人余りが避難されていましたが、この日、避難されていた方は、114人でした(平成28年11月6日 […]…

    2016年11月8日
  • Column 熊本地震

    熊本地震・準備しておいて良かったものとは?

    日本防災士会の総会に出席してきました。 その中で、熊本地震のボランティアで大変お世話になった、熊本県支部の宮下支部長と、福本理事の活動報告がありました。震源から5キロほど離れた熊本市東区にお住いの福本理事。 本震では、停電で真っ暗の中でベッドの足にしがみつき、体が飛ばされそうなのを必死で耐えたそうです。 ベッドの周辺に用意していた懐中電灯、車のカギ、ケガ防止のスリッパなどを手探りで探したそうですが […]…

    2016年6月25日
  • Column 熊本地震 防災

    熊本地震 防災士によるボランティアとは?③

    今回はボランティアという立場で、 震度7の恐ろしさを、目で見て、耳で聞いて感じてきました。 活断層による地震で、こんなにも家は壊れてしまうんですね。 震度7の地震が二度襲った熊本県益城町 被害が大きかったエリアを歩いてみたのですが、 報道で見る以上に家々が潰れていて 瓦屋根の木造住宅を中心にほとんどが被害を受けていました。 一階部分がつぶれた家も多く、例えつぶれていなくても、斜めに傾いたり、今にも […]…

    2016年5月14日
  • Column 熊本地震 防災

    熊本地震 防災士によるボランティアとは?②

    熊本地震、震度7の揺れが二度襲った益城町で、防災士のボランティア活動に参加しました。   翌朝8時頃、本部テント前に集合しました。 装備は、長袖、長ズボン、ヘルメット、ゴーグル、マスク、長靴、軍手… それから貴重品は海外旅行の時にご紹介したドラえもんのポケットのようなウエストポーチに入れました。 この日は、九州を中心に、関東、関西と、各地から30人ほどが集まっていました。  日本防災士会 […]…

    2016年5月14日