Column はなまるマーケット

はなまるマーケットと私 その①

2015年3月22日

『はなまると私 その①』

はなまるがスタートしたのは、

1996年9月30日。

私が中学生の時でした。
それから17年半…
明日が近づくにつれて、

さびしい気持ちが

どんどん大きくなっていきます。
私にとって、

はなまるは憧れの番組でした。
はなまるのリポーター、

「はなまるアナ」に憧れて、

この世界を目指したのですから。

はなまるアナの奥村奈津美…

というのは、信じられない出来事でした。
しかも、その中で、海外ロケや

両親とのテレビ出演なども

実現することができました。
夢は、叶うものなんですね。
ただ、実際は、夢が叶った先には、

自分との闘いが待っていました。
はなまるアナとして、

魅力的な放送を出すためにはどうしたらいいのか?

考え続ける毎日でした。
スタジオプレゼンだけでなく、

VTRのナレーションも生読みだったので、

30分近く喋りっぱなし。

これは、初めての経験でした。
また、どんなリアクションがあるのか、

どんな質問が飛んでくるかは、

当然本番にならないと分からないのでドキドキ。
そして、どんなコメントやリポートをすれば、心に残るのか?
これまで8年間、広島と仙台で学んだことをフル活用して臨みましたが、足りないことだらけでした。
毎回、

あぁ言えば良かった、

こう言えば良かったと、

反省の連続…
視聴者の皆さんには大変失礼ですが、

自分の納得いく放送には

辿り着けませんでした。
最後のロケが終わったあとも、

次はこんな風にリポートしたいな〜

なんて考えていましたから。
でも、反省する度に、

私はこの仕事を続けたいんだなとも感じていました。
そして、

そんな風に前向きに思えたのは、はなまるで出会った全ての方のお陰だと思います。

その②に続く…3月27日より

また好むかもしれない