NATSUMI OKUMURA

奥村奈津美

SHARE

【台風10号】できる限りの命を守る行動を

By Published On: 2020年9月6日Categories: Column, 防災0 min read

防災アナウンサーの奥村奈津美です。
台風10号
スピードが徐々に早まっていますが、ゆっくりですね。
現時点で、時速20キロ。自転車くらいのスピードでしょうか。
長時間、暴風雨に見舞われることになるので、心配です。

沖縄、奄美、九州南部の皆様は、不安な時間が長く続いていますよね。
停電している世帯もあるようです。

みなさん、すでに安全な場所でお過ごしと思います。
用水路や川、畑の様子が気になると思いますが、
絶対に外へは出ないようにお願いします。

台風は必ず過ぎ去ります。
どうか、家族で寄り添って、励ましあいながら、
ラジオで音楽を聴いたり、(予備の電池があればですが)
アカペラカラオケをしたり、
読書をしたり、
好きなことをしながら時間を過ごして頂ければと思います。

311の時、ラジオから流れてくる
「上を向いて歩こう」に涙し、
心が少し癒されたのを鮮明に覚えています。

避難所に行かれる時は、ラジオと一緒に「イヤホン」をお忘れなく。

台風への備え、思いつく限りあげました。
まだ間に合う地域もあると思います。
ご自身の備えが十分か、チェックする気持ちでご覧頂ければ幸いです。

9月4日に緊急開催したオンライン防災訓練の参加者から頂いた
ご感想、気づきをシェアさせてください。

「台風10号への備え」
00:00:00 オープニング
00:01:18 自己紹介
00:02:40 防災に正解はない
00:03:18 「知る」台風10号最新情報
00:06:13 暴風・最大瞬間風速85メートルとは?
00:09:07 豪雨・記録的短時間大雨情報
00:11:03 高波・高潮
00:11:45 考えるー避難のタイミング  広域避難の検討を
00:13:06 警戒レベルとは
00:17:02 警戒レベルを知る方法
00:21:40 河川の情報の見方
00:25:36 備える-①ハザードマップ
00:29:40 長崎市のハザードマップ(八郎川の氾濫は想定されてない!?) 00:33:51 博多区のハザードマップ
00:35:56 避難の考え方
00:37:57 ハザードマップの落とし穴 想定雨量を見てみよう
00:40:52 備える-②暴風雨から家を守る
00:48:08 備える-③防災グッズ・ライフライン代替アイテム
01:02:26 非常持ち出し袋の考え方
01:13:52 避難の注意点
01:19:19 離れて暮らす人ができること「おじいちゃんおばあちゃんの命を守る」 01:22:18 西日本豪雨の被災者からのメッセージ「早めの避難の大切さ」 01:28:36 コロナ禍の避難所運営
01:30:42 地球温暖化対策×防災
01:32:12 クロージング

印象に残った話、役に立った話はありますか?

・情報収集方法 台風10号情報
・風速70m超え~推測できない雨風には、逃げるしかない。広域での避難を薦めていたこと。
・防災バックは一次、二次と分ける
・事情報収集方法、台風10号情報
・防災に正解はない。報道される24時間雨量と洪水ハザードマップ想定雨量の比較は、必要なことだと思いました。
・長崎にお住まいの参加者に地理院地図で高低差を示されたこと。

感想など自由にご記入頂けたら嬉しいです。

・いつもわかりやすい話し方で、内容もゆっくりとお話されるので聞きやすいです。
・防災士として、皆さんにどのようにお伝えしたらわかりやすいか、勉強しています。
・奥村さんの気持ちが伝わってきた。正しく理解ができました! ありがとうございました。
・いつも聞きやすく、わかりやすい講座ありがとうございます。防災士として皆さんにどうしたら分かりやすくお伝えできるか学んでいます。
・参加者が感想を言えてイイと思います。自由に退席したりとリンク飲んだりできる雰囲気がイイ。
・台風10号に関するタイムリーな話が良かった。
・今回も大変勉強になりました。ありがとうございました。先生の災害に遇わないでほしいといった願いのような気持ちが伝わって来ました。また、宜しくお願いします。

急な開催にもかかわらず、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
動画をご覧になった方で、もしハザードマップの見方が分からないという方がいらっしゃいましたら、問い合わせフォームより、ご連絡ください。
一緒に確認しましょう。

アメリカだったら、広域避難を呼びかけるレベルの台風とのこと。
午前中のうちなら遠方への避難ができる人もいると思います。
広島に暮らす祖母も、東京に避難して欲しいのですが、
90代。コロナの感染リスクもあるので、悩ましいです。
ひとまず、昨夜電話したところ、備蓄も含め、対策は万全のようです。

一人一人の備えが地域全体の防災力を高めます。
また、救助する側の命を守ることにもなります。
どうか、万全の対策をした上で、広域避難も含めて、ご検討ください。

どうか大きな被害が出ませんように。。。
そして、どうか、皆様、できる限りの命を守る行動を
お願いします。自分の命を守ることは誰かの命を守ることです。

カテゴリー

最近の投稿

My Twitter


My Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

Follow Me