Column

  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー④浪江町ⅲ

    浪江町の商店街に入りました。 といっても、もちろん、人はいません。 人の気配が全くないというのは、想像以上に異様でした。 鎮まり返っていて、空気の流れまで止まっているように感じました。 八百屋、肉屋、喫茶店… 訪れたのは祝日の午後。 夕飯の食材を買い出ししている家族がいたり、近所の方と立ち話している方がいたり… 本来なら、日本中どこにでもあるような商店街の日常が、そこにはありませんでした。 誰も暮 […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー③浪江町ⅱ

    続いて訪れたのは、 福島第一原発から北に7キロ離れた浪江町請戸地区。 天気が悪かったので、はっきりとは見えませんでしたが、 山の向こうに、福島第一原発が見えました。 今、原発で何かあったら、どうしよう…ちょっと不安な気持ちにもなりました。   ここ請戸地区は、漁師町として栄えてきましたが、 地震、津波、原発事故という3つの災害に襲われました。 震度6強の揺れと、15メートルを超える津波。 […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー②浪江町ⅰ

    20キロ圏内に入って30分ほどが経過し、浪江町に入りました。 検問所のような場所があり、警察官が外に立っていました。 ここからは、通行許可証がないと入れないそうです。(このツアーでは、NPOの方が事前に申請してくださいます) 雨の中、ご苦労様です。 浪江町は、全域が避難区域の対象となり、 避難区域の中で最も多くの住民、約19000人が避難している町です。 出典:経済産業省 まず最初に訪れた海側のエ […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー①南相馬市

    東京電力福島第一原子力発電所の事故から4年半。 初めて20キロ圏内に入り、自分の目で確かめてきました。   震災後、福島市、新地町、郡山市、いわき市、広野町と 福島は何度も取材で訪れましたが、20キロ圏内に入るのは、今回が初めて。 (報道の仕事をしているのに、恥ずかしいです。)   参加したのは、NPO法人 野馬土が主催するツアー。 「福島第一原発20キロ圏内ツアー」で検索し、 […]…

    2015年11月24日
  • Column ヒロシマ

    86ヒロシマ

    きょうは、8月6日 広島原爆の日です。 私にとって原爆は、「祖母の人生」そのものです。   祖母は、第二次世界大戦末期、広島市の西側、大野町にある海軍の造船所で働いていました。 8月6日 あの日も、祖母は船の甲板で、作業をしていました。 飛行機が一機見え、「おかしいな」と思っていると、 突然、ドーンと大きな音がして、 広島市内の方から、 白とも黒とも言えない、見たこともないような雲がみる […]…

    2015年8月6日
  • 3.11 東日本大震災 Column

    3.11 ~365日×3年〜

    2011年3月11日 仙台でアナウンサーをしていたものとして、 何が出来るのかを考え続けた3年でした。 仙台市にある東日本放送のアナウンサーだった私は、 発災直後から災害報道に携わっていました。 しかし、4月からNHK広島でのお仕事が決まっていたので、3月末、広島に移りました。 正直、後ろ髪引かれる思いでした。 そこで、私は、広島と被災地の架け橋になろうと、 2年間、被災地支援の取り組みを取材し続 […]…

    2014年3月11日