フクシマ

  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー⑧富岡町Ⅱ

    国道沿いにある回転寿司「アトム」の隣にある、(今となっては何ともシュール名前ですが) 「富岡町交流サロン」に立ち寄りました。 住民の方が避難先から自宅に戻って片付けなどをする際に立ち寄る休憩所です。 (このツアー中、唯一トイレ休憩のできる場所でもあるそうです。)   避難先のいわき市から、ボランティアで交流サロンを運営している女性が ご自宅を見せてくださいました。 (写真をこのホームペー […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー⑦富岡町Ⅰ

    Nさん曰く、警戒区域内は?国道沿いで車を停めてはいけないということで、 大熊町を足早に南下し、続いて富岡町へ入りました。   桜の名所、夜の森公園の看板を見つけました。 以前、取材させて頂いた富岡町の方が、 「東日本大震災のあった2011年も見事な花を咲かせていて、 それをテレビで見て、涙が出た」 と、おっしゃっていたのを思い出しました。 いつかその桜を見てみたいと思っているので、下見に […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー⑥大熊町

    福島第一原発は、双葉町と大熊町の境にあります。 大熊町の国道6号線を南下しながら見た原発 天候が悪く、はっきりはしませんでしたが、排気筒が並んでいるのは分かりました。 そして、原発から1.5キロの距離まで近づきました。 車の中でも、どんどん放射線量が上がっていくのが分かりました。 だからといって、何か見える訳でも、感じる訳でもありません。 線量計の針だけが動いているのです。   一瞬しか […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー⑤双葉町

    国道6号線を南下していくと、 こんな看板がありました。 この先、帰宅困難区域になるということを知らせる看板です。 「自動二輪車、原動機付自転車、軽自動車、歩行者は、通行できません」 つまり、自動車の通過交通に限定するものだそうです。 「これって、生身の人間が移動したら危ないってことですかね?」と、Nさん。 そして、双葉町に入りました。 福島第一原発は、ここ双葉町と大熊町にまたがる形で立地しています […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー④浪江町ⅲ

    浪江町の商店街に入りました。 といっても、もちろん、人はいません。 人の気配が全くないというのは、想像以上に異様でした。 鎮まり返っていて、空気の流れまで止まっているように感じました。 八百屋、肉屋、喫茶店… 訪れたのは祝日の午後。 夕飯の食材を買い出ししている家族がいたり、近所の方と立ち話している方がいたり… 本来なら、日本中どこにでもあるような商店街の日常が、そこにはありませんでした。 誰も暮 […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー③浪江町ⅱ

    続いて訪れたのは、 福島第一原発から北に7キロ離れた浪江町請戸地区。 天気が悪かったので、はっきりとは見えませんでしたが、 山の向こうに、福島第一原発が見えました。 今、原発で何かあったら、どうしよう…ちょっと不安な気持ちにもなりました。   ここ請戸地区は、漁師町として栄えてきましたが、 地震、津波、原発事故という3つの災害に襲われました。 震度6強の揺れと、15メートルを超える津波。 […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー②浪江町ⅰ

    20キロ圏内に入って30分ほどが経過し、浪江町に入りました。 検問所のような場所があり、警察官が外に立っていました。 ここからは、通行許可証がないと入れないそうです。(このツアーでは、NPOの方が事前に申請してくださいます) 雨の中、ご苦労様です。 浪江町は、全域が避難区域の対象となり、 避難区域の中で最も多くの住民、約19000人が避難している町です。 出典:経済産業省 まず最初に訪れた海側のエ […]…

    2015年11月24日
  • 3.11 東日本大震災 Column フクシマ

    福島第一原発20キロ圏内ツアー①南相馬市

    東京電力福島第一原子力発電所の事故から4年半。 初めて20キロ圏内に入り、自分の目で確かめてきました。   震災後、福島市、新地町、郡山市、いわき市、広野町と 福島は何度も取材で訪れましたが、20キロ圏内に入るのは、今回が初めて。 (報道の仕事をしているのに、恥ずかしいです。)   参加したのは、NPO法人 野馬土が主催するツアー。 「福島第一原発20キロ圏内ツアー」で検索し、 […]…

    2015年11月24日