img_0719-2.jpg
Column 熊本地震

熊本地震・準備しておいて良かったものとは?

日本防災士会の総会に出席してきました。 その中で、熊本地震のボランティアで大変お世話になった、熊本県支部の宮下支部長と、福本理事の活動報告がありました。震源から5キロほど離れた熊本市東区にお住いの福本理事。 本震では、停電で真っ暗の中でベッドの足にしがみつき、体が飛ばされそうなのを必死で耐えたそうです。 ベッドの周辺に用意していた懐中電灯、車のカギ、ケガ防止のスリッパなどを手探りで探したそうですが […]…

2016年6月25日
img_9622.jpg
Column 熊本地震

熊本地震 防災士によるボランティアとは?③

今回はボランティアという立場で、 震度7の恐ろしさを、目で見て、耳で聞いて感じてきました。 活断層による地震で、こんなにも家は壊れてしまうんですね。 震度7の地震が二度襲った熊本県益城町 被害が大きかったエリアを歩いてみたのですが、 報道で見る以上に家々が潰れていて 瓦屋根の木造住宅を中心にほとんどが被害を受けていました。 一階部分がつぶれた家も多く、例えつぶれていなくても、斜めに傾いたり、今にも […]…

2016年5月14日
img_0694-1.jpg
Column 熊本地震

熊本地震 防災士によるボランティアとは?②

熊本地震、震度7の揺れが二度襲った益城町で、防災士のボランティア活動に参加しました。   翌朝8時頃、本部テント前に集合しました。 装備は、長袖、長ズボン、ヘルメット、ゴーグル、マスク、長靴、軍手… それから貴重品は海外旅行の時にご紹介したドラえもんのポケットのようなウエストポーチに入れました。 この日は、九州を中心に、関東、関西と、各地から30人ほどが集まっていました。  日本防災士会 […]…

2016年5月14日
img_9438-2.jpg
Column 熊本地震

災害ボランティアの持ち物について

どんな災害なのか? 災害発生からどのくらい時間が経過しているか? どんなボランティアをするのか? もちろん季節によっても持ち物は変わりますが、 今回は、地震発生から3週間ほどのタイミングだったので、 以下のものを持参して参加しました。   ・寝袋 (益城町では、ホテルなど宿泊できる場所がなかったので、「防災士会」では、車中泊、もしくは、公民館の一部を借りて寝袋を使って寝ました) ・衣服 […]…

2016年5月14日
IMG_6397
3.11 東日本大震災 Column フクシマ

福島第一原発20キロ圏内ツアー⑧富岡町Ⅱ

国道沿いにある回転寿司「アトム」の隣にある、(今となっては何ともシュール名前ですが) 「富岡町交流サロン」に立ち寄りました。 住民の方が避難先から自宅に戻って片付けなどをする際に立ち寄る休憩所です。 (このツアー中、唯一トイレ休憩のできる場所でもあるそうです。)   避難先のいわき市から、ボランティアで交流サロンを運営している女性が ご自宅を見せてくださいました。 (写真をこのホームペー […]…

2015年11月24日
IMG_6386
3.11 東日本大震災 Column フクシマ

福島第一原発20キロ圏内ツアー⑦富岡町Ⅰ

Nさん曰く、警戒区域内は?国道沿いで車を停めてはいけないということで、 大熊町を足早に南下し、続いて富岡町へ入りました。   桜の名所、夜の森公園の看板を見つけました。 以前、取材させて頂いた富岡町の方が、 「東日本大震災のあった2011年も見事な花を咲かせていて、 それをテレビで見て、涙が出た」 と、おっしゃっていたのを思い出しました。 いつかその桜を見てみたいと思っているので、下見に […]…

2015年11月24日
IMG_6353
3.11 東日本大震災 Column フクシマ

福島第一原発20キロ圏内ツアー⑥大熊町

福島第一原発は、双葉町と大熊町の境にあります。 大熊町の国道6号線を南下しながら見た原発 天候が悪く、はっきりはしませんでしたが、排気筒が並んでいるのは分かりました。 そして、原発から1.5キロの距離まで近づきました。 車の中でも、どんどん放射線量が上がっていくのが分かりました。 だからといって、何か見える訳でも、感じる訳でもありません。 線量計の針だけが動いているのです。   一瞬しか […]…

2015年11月24日
IMG_6421
3.11 東日本大震災 Column フクシマ

福島第一原発20キロ圏内ツアー⑤双葉町

国道6号線を南下していくと、 こんな看板がありました。 この先、帰宅困難区域になるということを知らせる看板です。 「自動二輪車、原動機付自転車、軽自動車、歩行者は、通行できません」 つまり、自動車の通過交通に限定するものだそうです。 「これって、生身の人間が移動したら危ないってことですかね?」と、Nさん。 そして、双葉町に入りました。 福島第一原発は、ここ双葉町と大熊町にまたがる形で立地しています […]…

2015年11月24日